2014年7月

 

寂しげな枝ぶりの枝しならせて子ども二人を囲えるおんな

カモメパンの火事見物の人去って焦げた窓枠夜につやめく

春雨や玉のきらめき増えてゆく商用バンのリアガラスにも

アパートのプラスチックの雨樋にこの世のしずく鋭く光る

解いたらば後先もなく広がって髪ゆたかなる夜を統べおり

花まつり人から人へ渡されるアルミニウムの硬貨のひかり