花冷え

 

スーパーの薄い袋を柑橘で充たして運ぶ春浅い夜に

両岸はさくらの盛り 水面にみすぼらしくない二人が映る

薄らかで苦い月光しらじらとおんなの脚のかたちを照らす

粘っこく不思議に甘い体温を纏(まと)って笑う大いなる人

月光はゆきとどいている薄白い耳のかたちが闇に浮かんで

熱源に二人で成って寝室のいい気な愛に語尾湿らせる

結んでは消える魂はるかなる河辺になだれ咲く花の下

『美志』4号 2013年