砂金

ものの翳くらく匂える教室に駆けているひと砂金こぼして

はつ夏の砂金のようにきららかな髪なびかせているはずのひと

薄墨の雲を遥かに張りながら海ばらとうに死んでいるから

海原は鈍くきらめき時々は君を笑かす仕方知ってる

純水のなみだは散って優しげな墓を成しゆく草むらの奥に

身の熱を甘く遺してあかい夕 髪の筋目にひかり編まれて

あかい夕 くらい血汐にひたされてここにいて人よ清い息づき

あかい夕 翳に囲われしらしらとふたりは優しい墓としてある

ほそい手に鉱脈みたく埋まったしら骨たどる目を覚ますまで

たましいの擦れあうたびに散らかった砂金さみしい夏のうす闇

たましいは擦れあうからもうつらい散った砂金を眺めるばかり

(2018年7月ごろ、未発表)