2014年5月

 

綿菓子のやすらかな張り部屋中を占めて明るい熱を吸いおり

屈託をやや強調し人去りぬ致命的ではない誤りなれば

スーパーの袋が音を立てて飛ぶ煤けた雪の残る国道

みぞれ雪の底に愛をあやつれる幼子の手の輝きてあり

男らは疲れた臓器揺らしつつ駅の階段駆け下りてゆく

温みいる臓器を冬の駅前に運び牛丼をかきいれており

牛丼の並つゆだくと生卵。届くまでを待つマスクを下げて

窓ガラスの汚れのように視野に在るぼやけた悪の向こうに花野

誰彼の余熱ばかりの小部屋たちそのひと部屋に冬陽はとどく