Monthly Archives: 4月 2014

2014年4月

 

人生に陥没地ある人びとが集いて寂しく栄えていたり

存在の火力を下げてどんづまりの雪の家屋に父は息づく

細やかな雪にまつ毛をしならせて歩みいるらん午後5時の街

やわらかに肉ふるわせて尿をする音を聞きおり冬の寝床に

回送車、そう回送車軽い音たてて郊外の車庫へ向かいぬ

ほつほつと綻びがでてきているがほつれの先にも日差しは載って